課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】
課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】 » 動画で新事業化・新プロジェクトを進めるためのノウハウ » PR動画制作でアピールする方法

PR動画制作でアピールする方法

PR動画を制作するメリット

わかりやすく多くの人に伝えられる

休憩中の隙間時間でも閲覧できるのが強みです。静止画やテキストより情報量が多く、商品の動きや魅力が視覚的に伝わります。

ナレーションやテキストで動画情報法の補足可能。例えばカメラ性能の説明だと、言葉だけでデータを羅列するよりも撮影写真を並べて比較するとわかりやすくなります。

イメージのしやすさが
購買につながる

実際に製品を使っている動画を見ると、自分が使用している光景をイメージしやすいです。コンパクトに収納できるテントがあったとします。

動画なら映像によるたたみ方の手順や、ナレーションによる補足をいられるためわかりやすくなります。自分でも簡単に取り扱えると思えば購買につながります。

クラウドサービスのような
見えないものを可視化できる

PRしたくてもクラウドサービスのように、目に見えない製品があります。動画ならCGやアニメーション画像を活用し、仕組みを動きの中で見せるのも可能です。

ナレーションや音声など聴覚的な刺激もあればインパクトがあるPRになります。

PR動画を制作するために
必要な物

目的の明確化

最初に決めたいのはPRの目的です。明確にしないと内容が伝わらず、想定した効果がありません。

商品の購入や申込みや問い合わせをするなら、ターゲットをイメージした上で目的に沿った動画を撮影することです。認知度のアップと購買までつなげるのとでは、内容も変えなければなりません。

ターゲットが自分のことと思える
作り方を意識

PR動画のポイントはターゲットが「課題を解決できそう」と思ってもらえるかどうかです。

そのために5W1Hの整理とメッセージをひとつにしぼりましょう。ターゲットが10代と50代では、見せ方も魅力と感じるポイントも異なるからです。

PR動画を制作する方法

PR動画でも撮影の流れ自体はマニュアルでも社内向け研修動画でも変わりません。

  1. テーマとコンセプト決定
  2. シナリオ作成と動画構成
  3. 撮影と編集

テーマとコンセプト決定

テーマとコンセプトを決定します。ターゲットが20代や30代でトレーニングジムのPRなら「美ボディ」「モテる」などでコンセプトは「筋肉を効率的に鍛えられるマシンやスタッフ」などです。

テーマとコンセプトがあいまいだと、まとまりのない動画になります。

シナリオ作成

シナリオ作成では、場面変化のタイミングや動画に登場人物が出るならセリフを決定します。

動画構成では5W1Hを意識してください。ターゲットや目的、メッセージや撮影場所とスケジュールを踏まえて検討します。

撮影と編集

テーマとコンセプトとシナリオと動画構成に沿って撮影をします。撮影機器の事前点検、バッテリーや記憶容量に余裕はあるかチェックしてください。撮影が終わると場面をつなげる、削る、BGMを挿入するなどの編集作業を行います。

PR動画制作で成功した事例6つ

関門海峡

1億以上の閲覧数という結果を出している、関門海峡のPR動画です。関門海峡にふぐとタコとカニをモチーフにした巨大怪獣が登場するユニークな演出でインパクト大。

逃げ惑う人々でしたが、関門海峡の流れに怪物は足を取られて不安定になり再び沈んでいき解決します。最後に「流れがはやい、全部がすごい」というテキストでPRをしています。

宮城県登米市

宮城県登米市のユーモアあふれるPR動画です。おばあちゃんが悪者をなぎ倒すアクションシーン満載で、PR動画とは見えませんが見入ってしまう内容。

ただ、ストーリーの中に登米市のゆるキャラ「はっとん」が登場したり、登米市の観光スポットがアクションシーンの舞台となったり、ご当地名物が出たりなど、インパクトがあるのと同時に自然なPRに成功しています。

大村市

大村市への移住と定住を推進するPR動画です。大村市の港町の風景とナレーションによる説明で一見、普通のPR動画ですが、とつぜん出演女優が「大嫌い」と否定してしまいます。

以後、軽快な曲と大村市の風景と雰囲気を紹介する動画は流れますが、女優は否定を続けるのです。ただ、最後にネガティブな意見は大村市への愛情への裏返しで、本当は離れたくない心の裏返しという構成になっています。

Honda刈払機

Honda刈払機のPR動画です。実際に作動させ。芝生を刈りながらナレーションとテキストで特長を紹介しています。メリットを視覚的に見られるからこそ、ターゲットの心に響くのです。

実際に自分が使用している姿や現場をイメージして、対応できるかわかります。単純に製品の特長と解説だけをシンプルに紹介しているため無駄がありません。

丸美屋

PR動画は、お金をかけて大規模にしなくても成立します。特に有名人は出てきませんし、CGを使った派手な演出もありません。ただ、登場しているふたりの忍者の素人っぽい演技で和みます。

その中でも、紹介しているふりかけの製品紹介をしっかり行っているのがポイントです。スーパーで見かけたら買おうかなと思わせられるPR動画です。

もりおか民俗芸能

盛岡に伝わる民俗芸能を紹介している動画です。民俗芸能に限らず、盛岡のPRにも一役買っています。

実際に民俗芸能を披露している動画の中で、ナレーションとともに、保存会関係者の方々の解説や魅力が語られている構成です。

民俗芸能を実際に動画で見て興味を覚えたら、休みに行って実際に見てみたいと思う方も出てくるでしょう。

会社のPR動画を制作依頼するのにおすすめな会社

株式会社トーン・アップ

株式会社トーン・アップ公式HP
引用元:株式会社トーン・アップ(https://www.toneup.co.jp)
料金 要問い合わせ
所在地 (東京本社)東京都中央区銀座7-13-8
(大阪本店)大阪府大阪市西区土佐堀1-3-7
(新虎スーパーラボ)東京都港区新橋5-20-4 新虎サウスビルB1F

「モノ作りのプロフェッショナル」である株式会社トーン・アップ。創業から100年を超える歴史を持ち、広告政策において高い評価を受けている企業です。映像・グラフィック作成からデザイン・レタッチ3DCG、展示会、製版などさまざまなメディアに対応しています。

中でも映像制作においては、お客様の意向や市場の背景を精査し、企画の提案からシナリオ作成に加えて撮影や編集まで一貫して対応する点が大きな特徴。さらに3DCGやレタッチ画像の挿入などによって、より効果的なPR動画の作成を行います。3DCGの専任スタッフなど、多彩なプロフェッショナルスタッフが揃っている点もトーン・アップの強みのひとつといえるでしょう。

株式会社アーツテック

株式会社アーツテック公式HP
引用元:株式会社アーツテック(https://www.artstech.net)
料金 シンプルクオリティ動画プラン:30万円〜
テレビ番組クオリティ動画プラン:50万円〜
テレビCMクオリティ動画プラン:100万円〜
所在地 東京都新宿区大京町12-9 アートコンプレックスセンター1階

1996年創業のアーツテック。20年以上「売れる動画」と「目に見える効果」にこだわり、挑戦を続けてきた企業です。同社の強みは「ハイクオリティ」と「ハイセンス」。名だたるクリエイターが作品を演出・プロデュースすることによって、高いセンスを誇る圧倒的な映像美を提供しています。

さらに、同社は基本的にクライアントと直で取引を行っている点も特徴のひとつ。これは、クオリティ、コストともにクライアントが満足できる結果を提供するため。この姿勢によりローコストで高品質な動画を生み出しています。

また、同社は「ダイレクトマーケティング手法」でさまざまな実績を積み重ねてきた会社でもあります。この手法を店頭CMやWeb動画の形で流用することによって、クライアントの商品をヒットに導いています。

株式会社エターナルステージ

株式会社エターナルステージ公式HP
引用元:株式会社エターナルステージ(https://eternalstage.com/index.html)
会社名 要問い合わせ
所在地 東京都大田区上池台3-23-1-2F

大手企業との取引実績も多い動画制作会社です。同社には100名以上のトップクリエイターが在籍している点が大きな特徴となっており、動画の制作と音楽制作を手がけています。PR動画から芸術的なアプローチを求められる映像にも対応している点も特徴です。映像制作を行う上では、撮影や編集、CG制作など動画の制作に求められる全ての工程を一元管理して対応しています。

同社のホームページにはこれまでに対応してきた事例も多く掲載されており、PR動画に関する事例も参照可能。例えば、新卒生にアプローチできるPR映像をプロデュースした事例、WEBでのセールスプロモーション用映像制作を行った事例などさまざまな制作事例を知ることができます。

会社PR動画を内製で制作するには

PR動画を制作する上では制作会社への外注の他にも、自社で制作を行う方法もあります。もし動画制作や動画マーケティングに精通した社員がいる場合にはスムーズに制作が進められるかもしれませんが、そうではない場合にはまず動画制作の担当者を育成するところから始める必要があるといえるでしょう。

育成を行う場合には、担当者が動画制作スクールに通って必要な知識とスキルを身につけることがおすすめです。スクールの中には、動画制作のみならず効果的な運用方法などマーケティングに関する知識のレクチャーを行っているところも。動画を使ったPRを行う場合には、制作スキルはもちろん、目指す効果を得るにはどのような運用を行えばいいか、というマーケティングに関する知識も必要となってきます。専門のスクールで担当者が学ぶことによって、外注に頼らずに効果的なPR動画を制作できる組織づくりを目指してみてはいかがでしょうか。

動画担当者を育てる!
法人向けスクール3選

動画編集スクールイメージ

動画を活用したマーケティングに力を入れたい企業におすすめ!学習範囲で選べる法人向け動画スクールをご紹介します。