課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】
課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】 » マーケティングと動画編集技術の活用アイディア » 動画マーケティングの成功事例と
成功に繋げるポイント

動画マーケティングの成功事例と
成功に繋げるポイント

こちらのページでは、動画マーケティングについて現在の動向や成功事例、企業で取り組む際のポイントなどについてまとめています。これから動画マーケティングを行いたいと考えている場合には、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

動画マーケティングの市場について

近年では多くの方にスマートフォンやタブレットが浸透したことにより、動画コンテンツを日常的に視聴する人が多くなっています。このことで、動画による広告も急速に普及している状況。さらに今後も拡大していく傾向にあると考えられています。

さらに、YouTubeをはじめとする動画プラットフォームの普及もあり、何かを調べる際にまずは動画を視聴する、という人も増加。インターネット上における動画も増えており、文章のコンテンツに匹敵するほどの情報量ともいわれています。このことから動画マーケティングがもたらす効果も大きいといえるでしょう。

動画マーケティングの成功事例

ここでは、実際にマーケティングにおいて動画を活用した事例について紹介していきますので参考にしてみてください。

freee株式会社

freee株式会社は、クラウド会計ソフトを提供している企業です。同社のYouTubeチャンネルでは、自社ソフトの使い方はもちろんのこと、さまざまなユーザーが抱えている会計に関する問題に向けてアプローチしている動画がアップされている点が大きな特徴です。

例えば、freeeを使って簡単に会計業務を行う方法や、人事労務・会計に関する基礎知識などを動画で解説することによって、さまざまなターゲットに対してアプローチを試みています。また、動画配信を毎週継続している点もポイント。こういった運用によってチャンネル登録者数の大幅増に成功しています。

パナソニック

パナソニックでは、さまざまな製品に関する動画を配信していますが、中でもスチームアイロンのWEB動画が成功事例とされています。そもそもここで取り上げているスチームアイロンは予算的にテレビコマーシャルの枠を確保できませんでした。そこでWEB動画として商品紹介を配信したところ、多くの男性からの支持を集めて売り上げがアップしています。

これまでアイロンに興味を持たなかった男性にもWEB動画という方法を用いることによってアプローチに成功し、支持を獲得。売り上げを伸ばしたことで次のモデルの発売に繋げられています。

Stock Sun株式会社

Stock SunはWEBコンサルティングを専門としている会社です。同社はYouTubeチャンネルでの配信にも力を入れている点が特徴となっており、その内容は「WEBマーケティングの基礎知識」と「自社の成功談」が中心となっています。

このような内容の動画配信によって、同社は利用顧客を獲得。さらに、ブランディングにも成功することによってWEBマーケティング業界での知名度もアップし、オンラインサロンメンバーの獲得にもつなげています。

スマートニュース

テレビCMでも多く目にするスマートニュースも、動画マーケティングを行っています。同社の場合には、テレビのCMとして放送されているものをYouTube動画でも流すことによって露出頻度を上げるという形です。

動画の内容は、実際にアプリを操作しているような映像にすることによって、使い方をわかりやすく説明しています。また、タレントを起用して「ニュース」という堅苦しさを感じさせず、気軽にダウンロードをしたくなるようなイメージづくりを行なっている点も特徴といえるでしょう。

ダスキン

ダスキンといえば掃除道具などのイメージを持つ人が多いかもしれませんが、同社では家族介護支援サービスも提供しています。しかし、サービス内容を説明するにあたって静止画を使用すると介護支援サービスの内容がイメージしづらいという面がありますし、実写の映像を使用するとドキュメンタリーのようなタッチになってしまいます。

そこでダスキンが採用したのがアニメーション。この手法により、介護支援サービスの内容や必要性、メリットなどについて抵抗なく見ることができるように工夫しています。

動画マーケティングを成功させるためのポイント

動画マーケティングを成功させるには、さまざまなポイントがあります。あらかじめどのようなポイントがあるのかを押さえておきましょう。

目的を明確に設定する

まずは、動画によるマーケティングを行う目的を明確にしておきましょう。「流行っているから」という理由ではなく、自社のどのような目的を達成するために動画マーケティングが必要となるのか、という点について十分に検討しましょう。目的の例としては、集客やブランディングの確率、認知度の向上などが挙げられます。

このような目的をはっきりとさせておくことにより、どのようなコンテンツにしたら良いのか、またどのような伝え方をしたら良いのかといった内容が定まりやすいというメリットがあります。

動画以外の広告との連携を意識

企業であれば、さまざまな広告を打っていることが考えられますが、動画マーケティングを行う場合には他の広告との連携を意識しながら制作を行っていくことがポイントとなってきます。動画は拡散されることによって広告効果を生み出す可能性が高いといえますが、前提として動画があるという点を多くの人に認知してもらわない限りはなかなか視聴されないということになります。

そこで、ターゲットとなるユーザにアプローチできるように、InstagramやTwitter、Facebookなどのメディアによる広告との連動を意識することによって拡散されやすくなるといえるでしょう。

効果測定を実施する

動画マーケティングに取り組む際には、動画を作るだけではなく効果測定を行うことも大切です。この時に見ておきたいのが「動画再生回数」「シェア数」「視聴完了率」の3点です。さらに成約率の計測も行っておきましょう。こういった効果測定は、今後動画の改善を行っていく上でも重要になってきます。

動画を外注ではなく内製化しよう

動画マーケティングを行う際には、外注ではなく内製化もおすすめです。動画の制作経験がない場合には外注するという選択を選びたくなりますが、内製化支援のサービスを利用したり、スクールに行ってノウハウを学ぶことによって自社で動画マーケティングに取り組めるようになります。

動画の内製化によって外注費の削減ができるという面もありますので、継続的に動画マーケティングに繋げられるでしょう。

動画の内製と外注の違い

動画の内製を行うことと外注することはさまざまな違いがあります。

例えば費用面でいうと動画一本作成する場合でも内製化を行った方がコストを抑えられます。初期費用については、内製化を行う際に動画編集ソフトの導入や撮影機材の購入などが必要になってきますが、長い目で見た場合には内製化を行った方が費用を抑えた動画マーケティングを行えるといえるでしょう。

また、品質面においては外注の場合にはプロが動画制作を手掛けるため高品質の動画が出来上がります。内製化を行った場合、はじめは品質の担保が難しい可能性もありますが、スクールを利用するなどしてスキルアップすることにより動画の品質を上げられるでしょう。

動画マーケティングについてまとめ

動画マーケティングの市場動向や成功事例、動画マーケティングを成功させるコツについて紹介してきました。現在、企業においても広告において動画は無視できない存在となっており、さまざまなが成功事例があることから動画マーケティングを取り入れてみたいと考えている企業も多いでしょう。

特に初めて動画マーケティングに取り組む場合には、動画編集とマーケティングのスキルを身につけられるスクールを利用するのもおすすめ。しっかりとサポートを受けながら動画マーケティングに継続的に取り組むことができるようになります。

動画担当者を育てる!
法人向けスクール3選

動画編集スクールイメージ

動画を活用したマーケティングに力を入れたい企業におすすめ!学習範囲で選べる法人向け動画スクールをご紹介します。

学べる範囲で決める
法人向け動画編集スクール3選
編集・制作の基礎+
動画マーケティング
TU-MS
動画を活用して
マーケ、営業、採用など
ビジネスを成長させたい企業に
TU-MS公式HP
引用元:TU-MS公式HP(https://tu-ms.com/lp/)
授業スタイル オンライン授業
期間と価格 3ヶ月/33万円(税込)
習得アプリ After Effects
Premiere Pro
このスクールで学べる内容
動画撮影
実写編集
アニメーション
MA※
企画・
マーケティング
運用・分析
VSEO対策※
ポートフォリオ制作

TU-MSの特徴や無料相談について
もっと詳しく見る

編集・制作の基礎+
応用テクニック
デジタルハリウッド
モーショングラフィックや
アニメーションを用いてキャッチーなプロモーション動画を作りたい企業に
デジタルハリウッド公式HP
引用元:デジタルハリウッド公式HP(https://school.dhw.co.jp/course/netmovie/)
授業スタイル オンライン授業+通学
期間と価格 3ヶ月/33万円(税込)
習得アプリ After Effects
Premiere Pro
Illustrator
Photoshop
DaVinciResolve
RICHKA
このスクールで学べる内容
動画撮影
実写編集
アニメーション
デザイン基礎
企画・
マーケティング
VSEO対策※
ポートフォリオ制作

デジタルハリウッドの特徴や無料相談について
もっと詳しく見る

編集・制作の基礎
ヒューマンアカデミー
動画の基礎的技術を使い
堅実なWeb動画広告
出したい企業に
ヒューマンアカデミー公式HP
引用元:ヒューマンアカデミー公式HP(https://haa.athuman.com/academy/videoeditor/)
授業スタイル オンライン授業+通学
期間と価格 6ヶ月/32万640円(税込)
習得アプリ Premiere Pro
After Effects
Photoshop
Illustrator
このスクールで学べる内容
実写編集
アニメーション
デザイン基礎
企画・
マーケティング
運用・分析
ポートフォリオ制作

ヒューマンアカデミーの特徴や無料相談について
もっと詳しく見る

【選定条件】2022年1月時点で、「動画編集スクール」とGoogle検索して表示された社会人向けスクール20社の中から、動画制作ソフトの使い方だけではなく、企画・運用など広範な内容を3か月以上かけてじっくり学ばせるスクールをピックアップ。そのうち、授業スタイルと学べる内容で3社を厳選しました。 ①動画マーケティングを活用しより効果的な動画広告でPRしていきたい企業に…動画マーケティングや企画・運用・撮影など、動画編集にかかわるさまざまなスキルを学べると明記のあったオンラインライブスタイルのスクール
②モーショングラフィックやアニメーションを用いてキャッチーなプロモーション動画を作りたい企業に…アニメーションやCGなど、応用テクニックの学習を行っていると明記のあった通学スタイルのスクール
③動画の基礎的技術を使い堅実なWeb動画広告を出したい企業に…編集・制作の基礎の学習を重視し学習すると明記のあった動画学習スタイルのスクール

※MAとは音の調整・収録などを行い、動画を完成形にするプロセスのこと。VSEO対策とは動画向けのSEO対策のことを指します。