課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】
課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】 » 動画編集をインハウスで行うためのQ&A » 動画編集スキルはどう活かす?

動画編集スキルはどう活かす?

動画編集スキルはどのように活かしていくのが良いのでしょうか。煩雑な作業の説明の動画や顧客への商品説明を動画で作成すれば業務効率化に、対外向けのサービス・商品PR動画などにも活きます。その他、特殊な映像の撮影やクリエーションにも活きるでしょう。

動画編集が活きる業務効率化

動画編集と業務効率化は一見結びつかないようなワードですが、実は業務効率化は動画編集のスキルの1つの活かし方です。例えば、お客さんへの商品の説明を動画に置き換えることで、営業マンが毎回説明する手間が省けます。数多くの営業が居て、数多くの顧客に対応している場合は1つの動画に商品情報がまとめられているだけで大きな業務効率化につながります。

また、社内的に煩雑なプロセスを踏まなければならない作業なども、動画にしておくことで間違いが起きてやり直す手間を省くことができます。動画を上手く編集し、伝えたい情報や作業を丁寧に見せるようにすれば、作成に手間や時間がかかったとしても結果的には大きな生産性向上になります。

動画編集が活きるPR

社外的なPRにも動画編集のスキルを活かすことができます。むしろ、そういった社外向け動画やPR動画を作成する方が先に思い浮かんだ人も多いのではないでしょうか。

テレビCMに使われるような動画や、YouTubeで使われている広告などもこれに該当します。社内向けの特定の人にしか見られない動画と違って、誰が見ても意図や紹介しているサービス・商品が理解できるように編集しなければならないため、求められる動画編集スキルは高いと言えるでしょう。

また、こういった社外向けのPR動画はネット上に残ることも多く、コンテンツの選び方は注意が必要です。社内向けの動画と違い、分かりにくい言葉や不適切な動画も使えないので、ある程度制限があることは言うまでもありません。

動画編集スキルの活かし方

一般的な映像の撮影

動画編集スキルは、動画を撮影する際にも大いに役立ちます。実際に動画編集をやってみるとわかりますが、動画クリップの質によって成果物の質も左右されます。

サイズや解像度、輝度など様々なパラメータがある中で必要な動画クリップを意識した撮影が求められていると言えるでしょう。

ライブ映像の撮影・編集

一般的な動画はある程度日が当たる場所で撮影されたものが多いです。そのため、素人であってもある程度繋ぎ合わせれば見られる映像にはなります。

しかし、ライブハウス特有の暗さの中での動画撮影や編集はスキルが問われます。動画編集スキルはライブハウスなどの特殊な条件下での撮影にも活かされるでしょう。

教育コンテンツ作成

上述した業務効率化を狙った社内向けの動画の中には、教育コンテンツなども含まれます。

教育コンテンツは社内向けだけでなく、社外向けにも使われることもあり、時に高度な編集技術が求められることがあります。受講者の理解度を上げるようなわかりやすい動画を作れるかどうかがポイントとなります。

海外向けの広報動画作成

社外向けPR動画の中には、海外向けの広報動画も含まれます。動画の良いところは言葉がわからなくてもある程度映像を見るだけで理解してもらえるところです。

そのためには、単に画面に向かって話すだけの動画を繋ぎ合わせるのではなく、間に簡単な説明を入れたり、分かりやすいような順番で映像を繋いだりするなどの技術が求められます。

結婚式・パーティー向け動画作成

結婚式やパーティーでは動画が画面で流されることも多いです。

後から動画を編集するだけであればある程度のクオリティのものは素人でも可能かもしれませんが、多くの場合その場で撮影した動画を繋ぎ合わせて映像を作ることが求められます。必要な動画クリップを選び取り、時間内に収める技術が必要です。

ミュージックビデオの作成

ミュージックビデオも高度な動画編集スキルが求められるものの1つです。

音楽に動画内の人やキャラクターの動きを合わせる必要がある上、通常の動画に比べてクリップ数が非常に多く、切り替えなども音楽のコンセプトに合わせて変える必要があるのが特徴です。

動画担当者を育てる!
法人向けスクール3選

動画編集スクールイメージ

動画を活用したマーケティングに力を入れたい企業におすすめ!学習範囲で選べる法人向け動画スクールをご紹介します。