課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】
課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】 » 動画編集の基礎知識 » 動画編集に必要なスキル

動画編集に必要なスキル

動画編集は、カット、テロップ、音響やBGMの選定など多数のスキルが必要です。他にも色調補正、エフェクト、デザインの知識も求められます。

責任担当者なら、ディレクションやマーケティングなどのスキルも重要です。動画編集スクールならしっかり学べます。

動画編集で必要なスキル

カット

カットとは、撮影した動画のムダな部分を削ってつなぎ合わせていく作業です。ムダな部分が多いと全体で冗長になり、情報を効率的に伝えられません。

具体的な作業は、不要な部分を取り除く分割と、動画全体の最初と最後を削除して整理するトリミングの2種類があります。

テロップ

テロップは文字情報のことです。動画だけではわかりづらい部分を、テキストでフォローします。YouTubeのように字幕機能があるもので、内容の精度が問題です。テロップは、撮影場所や日付、動画のポイントなど幅広く使えます。テロップスキル次第でわかりやすさがアップするのです。

音響やBGM選び

音響は動画を飽きさせないための工夫のひとつです。しかし映像に合った適切な音選びをしないと、クオリティは下がります。印象に残る動画はBGM選びも秀逸で、話題のきっかけにもなる要素です。また、ノイズを隠せる要素ですから、高いスキルが求められます。

色調補正

カラーリングのバランスも、動画のクオリティを左右します。ホワイトバランス、彩度やコンストランスの調整もスキルが必要です。天候や時間の影響でイメージしているより映像が暗くなる場合があります。その際、色調補正で明るくしてバランスを取ると見やすくなるのです。

エフェクト

特殊効果を効果的に入れれば味付けとなり、インパクトのある動画になります。登場人物にエフェクトを入れれば、面白みも出て視聴者が飽きません。

音響にも関連しますが、動画業界ではSEというサウンドエフェクトがあり、同様にスキルが必要です。

デザイン

デザインスキルも重要です。絵画やWebデザインのような静止画では、デザインスキルが制作物のクオリティを決定づけます。

レイアウトやカラーリングのような静止画ではスキルや知識はあると、メッセージや内容を効果的に伝えられます。

SNS運用に
必要になってくる知識

ディレクションやマーケティングやコミュニケーションスキルも必要

企業でSNSを運用する場合、ディレクションスキルやマーケティング力も必要です。

ディレクション力があれば、動画で課題を解決するため、どんな動画制作物を作るのか、演出や編集の方法、スケジュールや予算の調整を適切に行えます。

マーケティングスキルも必要です。動画マーケティングでは、閲覧者の心をつかむのと同時に日々、分析を続けなければなりません。

企業での運用もいろんな人の意見を聞き入れて形にする力が必要です。正確に理解し、提案するにはコミュニケーションスキルも求められます。

PR動画制作に
必要になってくる知識

全般に必要なことですが、PRの対象となる企業や製品やサービスを知らないと効果的な動画はできません。

特徴や魅力を紹介したいのに、勘違いした知識のみだと間違った情報を拡散する大きなミスにつながります。

その点は撮影担当者も編集担当者も同じです。魅力や特徴を把握していないと、不要な情報部分を残して必要な部分を削ることになりかねません。

ターゲットを考える上でも、PRする対象物の情報の知識は動画制作をする上で重要と心得てください。

広告制作に
必要になってくる知識

動画編集作業に限らず、インターネットを使った広告制作活動全般では、SEOやアナリティクス知識を持っていたほうがいいです。

SEOは検索エンジン最適化を意味し、スキルや知識があればGoogleで検索したとき、1ページ目に結果として出現します。

アナリティクスの知識を持っていると、データを可視化させて分析できます。SEOもアナリティクスも、閲覧者を増やす、YouTubeなら登録者を増やす際に役立つのです。

また、他社の動画広告を見て参考にもできます。

動画担当者を育てる!
法人向けスクール3選

動画編集スクールイメージ

動画を活用したマーケティングに力を入れたい企業におすすめ!学習範囲で選べる法人向け動画スクールをご紹介します。

学べる範囲で決める
法人向け動画編集スクール3選
編集・制作の基礎+
動画マーケティング
TU-MS
動画を活用して
マーケ、営業、採用など
ビジネスを成長させたい企業に
TU-MS公式HP
引用元:TU-MS公式HP(https://tu-ms.com/lp/)
授業スタイル オンライン授業
期間と価格 3ヶ月/33万円(税込)
習得アプリ After Effects
Premiere Pro
このスクールで学べる内容
動画撮影
実写編集
アニメーション
MA※
企画・
マーケティング
運用・分析
VSEO対策※
ポートフォリオ制作

TU-MSの特徴や無料相談について
もっと詳しく見る

編集・制作の基礎+
応用テクニック
デジタルハリウッド
モーショングラフィックや
アニメーションを用いてキャッチーなプロモーション動画を作りたい企業に
デジタルハリウッド公式HP
引用元:デジタルハリウッド公式HP(https://school.dhw.co.jp/course/netmovie/)
授業スタイル オンライン授業+通学
期間と価格 3ヶ月/33万円(税込)
習得アプリ After Effects
Premiere Pro
Illustrator
Photoshop
DaVinciResolve
RICHKA
このスクールで学べる内容
動画撮影
実写編集
アニメーション
デザイン基礎
企画・
マーケティング
VSEO対策※
ポートフォリオ制作

デジタルハリウッドの特徴や無料相談について
もっと詳しく見る

編集・制作の基礎
ヒューマンアカデミー
動画の基礎的技術を使い
堅実なWeb動画広告
出したい企業に
ヒューマンアカデミー公式HP
引用元:ヒューマンアカデミー公式HP(https://haa.athuman.com/academy/videoeditor/)
授業スタイル オンライン授業+通学
期間と価格 6ヶ月/32万640円(税込)
習得アプリ Premiere Pro
After Effects
Photoshop
Illustrator
このスクールで学べる内容
実写編集
アニメーション
デザイン基礎
企画・
マーケティング
運用・分析
ポートフォリオ制作

ヒューマンアカデミーの特徴や無料相談について
もっと詳しく見る

【選定条件】2022年1月時点で、「動画編集スクール」とGoogle検索して表示された社会人向けスクール20社の中から、動画制作ソフトの使い方だけではなく、企画・運用など広範な内容を3か月以上かけてじっくり学ばせるスクールをピックアップ。そのうち、授業スタイルと学べる内容で3社を厳選しました。 ①動画マーケティングを活用しより効果的な動画広告でPRしていきたい企業に…動画マーケティングや企画・運用・撮影など、動画編集にかかわるさまざまなスキルを学べると明記のあったオンラインライブスタイルのスクール
②モーショングラフィックやアニメーションを用いてキャッチーなプロモーション動画を作りたい企業に…アニメーションやCGなど、応用テクニックの学習を行っていると明記のあった通学スタイルのスクール
③動画の基礎的技術を使い堅実なWeb動画広告を出したい企業に…編集・制作の基礎の学習を重視し学習すると明記のあった動画学習スタイルのスクール

※MAとは音の調整・収録などを行い、動画を完成形にするプロセスのこと。VSEO対策とは動画向けのSEO対策のことを指します。