課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】
課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】 » 動画編集の基礎知識 » 動画編集の手順と必要な準備

動画編集の手順と必要な準備

動画編集で最初に行うのは、ソフトのダウンロードと、撮影した映像やテロップや効果音やナレータ-などの素材です。

必要ならBGMも入れて、完成動画を任意の媒体へ書き出します。動画編集をするなら環境づくりやパソコン、動画編集ソフトも必須です。

動画編集の手順と全体フロー

  1. 動画編集ソフトのダウンロード
  2. 動画素材のアップロード
  3. 音量調整
  4. シーンのカット
  5. テロップと効果音
  6. BGM
  7. 完成動画の書き出し

編集ソフトのダウンロードと
素材のアップロード

最初に行う編集ソフトのダウンロードでは、WindowsとMac、どちらに対応しているか、無料と有料、必要機能があるかチェックします。

無料で使えるソフトもありますが、機能が不足しているケースが多いです。次は撮影した動画を編集ソフトにアップロードします。

音量調整とシーンのカットや
テロップと効果音

音量やシーンカットやテロップ、効果音の挿入などの細かな作業を行います。全体と各素材の音量バランスを調整してください。

シーンのカットは、不要部分を分割やトリミングを行って削る作業です。目的に合わせて不要部分をつなぎ合わせます。テロップでポイントや説明の補足をし、効果音で飽きない動画を目指しましょう。

BGMと完成動画書き出し

適度にBGMをつければ心に響く動画になりますが、ムダに多いと邪魔になります。BGMは、ノイズを隠す役割にも使えます。

各作業が終ったら、動画を書き出します。YouTubeなど、各SNSに合わせてファイル形式を決定すると、失敗のリスクが少ないです。

動画撮影の際に
準備するべきこと

環境づくり

動画編集を落ち着いてできる環境づくりは重要です。編集作業は1日続くことも多いため、椅子や机も自分に合ったものを使いましょう。

合わないと肩こりや目の疲れや腰痛やストレスで疲労感が大きくなります。

パソコンと動画編集ソフト

パソコンと動画編集ソフトは必須です。スマートフォンでアプリを使った動画編集もありますが、クオリティを考えるとスペックの高いパソコンのほうがいいでしょう。

CPUは最新式でCorei5以上、メモリは16GBで将来的に増設も考えたほうが無難です。GPUはGeForceやRadeonな内蔵タイプは避けましょう。モニターサイズも15インチ以上を目安にします。スペックが低いと快適に編集できません。

BGMや動画素材

BGMは著作権に注意が必要です。アーティストの楽曲は無断使用できません。著作権フリーの音源が必要です。

YouTubeのオーディオライブラリを利用すると、無料音楽や効果音が手に入ります。動画素材は撮影した映像やイラストやグラフを用意しましょう。

テロップ

テロップはフォントや色やサイズを統一したものがおすすめです。派手すぎずシンプルにしたほうが視聴者は疲れません。

動画編集で必要な機材・ソフト

パソコンとソフトは
スペックや機能性を重視

企業が動画でマーケティングをするなら、クオリティは意識しなければなりません。パソコンは高スペック、ソフトは優良なものを用意したほうが無難です。スマートフォンや無料ソフトでは、機能という部分で限界があり、望むクオリティが得られない可能性があります。

ソフトは複数種類あり、
搭載機能も異なる

ソフトも複数種類ありますが、備わっている機能も価格も異なります。

最初は初心者向けのものでもいいでしょう。CapCutやPowerDirector 365、マックならiMovieなどたくさんあります。

ただ、動画編集ソフトでは製作者のスキルも重要です。専門用語がわからないと動画制作も手探りでしょう。企業なら担当者を選定し、動画編集スクールで基礎知識を学んでもらったほうが長い目で見ると動画マーティングの成功に近づきます。

動画担当者を育てる!
法人向けスクール3選

動画編集スクールイメージ

動画を活用したマーケティングに力を入れたい企業におすすめ!学習範囲で選べる法人向け動画スクールをご紹介します。