課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】
課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】 » 動画で新事業化・新プロジェクトを進めるためのノウハウ

動画で新事業化・新プロジェクトを進めるための
ノウハウ

動画で新事業化・新プロジェクトを進めるためのノウハウ

動画を活用して新しい事業やプロジェクトをスタートさせたい場合、いくつか注意点があります。動画を活用すれば、すぐ利益につながるわけではありません。クオリティや活用方法も熟慮が必要です。動画撮影のノウハウや、注意点をご紹介します。

動画制作がはじめてでも
対応できる内容

製品マニュアル

製品マニュアルは、自社対応できる動画です。取り扱う機器や商品を熟知しているスタッフがいれば、細かい部分までフォローできます。

開発企業や開発担当者が解説すると、見ている側は安心感と説得力が生まれるものです。反響があり、問い合わせがあればすぐ対応できます。動画マーケティングを検討しているなら、簡単な動画マニュアルから慣れるのもいいでしょう。

動画事業で撮影に必要なもの

カメラと三脚や照明

カメラと三脚が必要です。自社制作で社内向けの簡単なマニュアル動画程度ならスマホでもできます。

ただ、外部に向けてクオリティを重視するならカメラは高性能なほど信頼性が高くなるのです。映像がぶれないよう固定できるビデオ三脚があれば安定します。商品撮影なら見栄えを考えてライトも必要です。

動画編集ソフト

動画編集ソフトは必須です。動画撮影をしてもそのまま完成品ではありません。

撮影箇所をつなげ、わかりやすくするなら、テロップやBGMが必要なため動画編集ソフトは必須です。無料の編集ソフトだと機能に限界があるためクオリティで不満が出ます。

事業として本格的に動画マーケティングをするなら有料ソフトを導入したほうがいいでしょう。

インタビュー

実際に利用した方や開発担当者や経営者のインタビュー動画。

企業や商品やサービスの紹介による認知度アップ、ブランディング、採用や実績など幅広い狙いで活用できます。テキストではなく人が実際に語ることで説得力が生まれるのです。

セミナーや講演会

セミナーや講演会の動画は、認知度アップや社内研修で活用できます。固定用のビデオともうひとつ自由に動けるカメラがあるといいでしょう。

資料を見せるためのプロジェクターやスクリーンやモニターやホワイトボードがあるといいです。インターネットにアップすれば、不特定多数のユーザーに日時関係なく見てもらえます。

動画作成でやってはいけない
注意点

目的を決めずに話だけ進める

自社制作でも専門業者へ依頼する場合でも、一番やってはいけないのが目的を決めないことです。動画制作の目的は会社や商品の認知度をアップか、ブランディングか、購買や採用につなげるのか目的で内容も変えなければなりません。複数の目的を設定するのも失敗の元です。結果的に、何を伝えたいのかわからない動画になります。

ターゲットを決めない

ターゲットは動画を見てもらいたい層です。40代の管理職男性と10代の女子学生の心に刺さる内容は異なります。

SNSの動画マーケティングも、人が多くいるというだけで、ターゲットを考えずにアップしても期待した結果は出ません。地域、年齢、性別、嗜好、年収や家族構成、立場まで詳細を考えた上で、ポイントを押さえた戦略的な思考が動画制作に求められます。

予算を決めない

予算を決めないと想定以上にお金がかかる場合もあるため危険です。スタッフや機材の数を適切にしないとムダが多くなります。

クオリティを追求し、登場人物を増やせば費用も比例してふくれます。

専門業者に依頼する場合の相場は、インタビューやセミナーなら下限は5万円、上は約40~50万円です。

商品やサービス、採用活動なら下限は10万円で上を見れば約200万円はかかります。

動画の長さを決めない

事前に動画の長さを決めないと、すぐ予算オーバーになります。動画の時間が長くなれば、自社制作でも専門業者へ依頼した場合でも制作費は高くなるものです。

ツイッターやインスタグラムのようなSNSだと、長時間の動画が制限されている場合もあります。結果、SNSを使った動画マーケティングが、最初から難航、または中止になりかねません。

情報の詰め込み過ぎは
逆にわからなくなる

自社商品やサービスや理念に絶対の自信があっても、メッセージを詰め込みすぎると、伝えたい内容がぼやけます。120秒単位なら、伝えたいメッセージは最大3つが目安です。メッセージが少ないと何を伝えたいのかわからなくなります。

動画で事業をするなら
準備が重要

動画で事業をするなら、準備が重要です。外に向かって発信するなら、クオリティを意識しなければなりません。動画を出してもターゲットも目的も、画質も悪ければまず見てもらえないでしょう。

自社制作をするなら動画専門の担当スタッフを育成するのもおすすめです。動画編集スクールで学べば、動画による事業でクオリティのアップが期待できます。

動画で新規事業を始める
ノウハウを紹介

手順書・マニュアルを
動画化する方法

手順書やマニュアルを動画化すると視覚と聴覚による情報で、見る側に伝わりやすくなります。時間や場所も関係なく見る側は閲覧できますし、一度制作すれば何度も繰り返して活用できるため、印刷コストも削減できるのです。

機材や動画編集ツール、操作する人やナレーターや台本など用意しましょう。国内外の企業が新人研修や教育で動画を活用しています。

手順書の動画化について詳しく

動画で商品を販売促進する方法

動画は商品販促やインタビューによる企業紹介で役立ちます。視覚的、聴覚的に見る側へ商品やサービスの情報、社長や社員の生の声をインタビューという手法でわかりやすく伝えられます。

動画制作では、動画の目的や構成の明確化、カメラやマイクや編集ソフトなど機材の準備は必須です。国内の大手企業でも、販促や企業PRで動画が採用されています。

販促動画について詳しく

動画をブランディングに活かす方法

動画はブランディングと相性がいいです。動画は情報を伝えやすいため、ブランドの世界観や価値を強く印象付けられます。SNSとの相性がいいのもメリット。ターゲットの設定や予算を決め、動画のストーリーと編集ソフトを準備してください。

国内外の大手企業でも、自社のブランド力を高めるためにブランディング動画を制作して成功を収めています。

ブランディング動画に
ついて詳しく

動画でプロモーションする方法

動画によるPR動画は、わかりやすく情報を伝えられるのがメリットです。商品の動きや魅力を、視覚的、ナレーションやテキストで不足する情報のフォローもできます。ユーザーの購買意欲への刺激も期待できるのです。クラウドサービスのように、見えないものを動画で可視化してPRできます。国内の自治体や企業の中には、PR動画制作で話題になったところもあります。

プロモーション動画の
制作について詳しく

動画で会社を紹介していく方法

動画を制作し会社紹介をするのは、認知度アップにつながります。会社紹介が魅力なら、商品やサービスをもっと知りたい、BtoBや就活生の興味も刺激できます。

動画なら、通勤通学で、電車内でも見てもらえます。会社や商品のブランドイメージと違わないか、事業か企業コンセプトか人を紹介するか熟慮が必要です。ターゲットも決定し必要機材をそろえましょう。

会社紹介動画の
制作について詳しく

動画編集スキルを活かした商品紹介

動画による商品紹介は、視覚的な効果で伝わりやすいのがメリットです。例えば形のないクラウドサービスでも、可視化することで伝えやすくなります。

商品紹介では、SNSの埋め込みや配信媒体の設定など、知識も必要です。ペルソナとメッセージも設定が求められます。動画も実写やアニメーションがあり、機材の知識や魅力的にするための動画編集スキルも求められるのです。

商品紹介動画の
制作について詳しく

動画編集スキルを
活かしたマニュアル制作

マニュアル動画制作のメリットは、文字だけだと不足する情報を視覚と聴覚を通じてわかりやすく伝えられる点。

紙だと必要な人数分必要で、印刷コストも増えます。制作時には、一般ユーザーと社内のプロが使用する製品や機器、誰が必要とするか明確にするのもポイント。社内向けの簡易マニュアル程度なら、スマートフォンでもOKですが、多少動画編集スキルは必要です。

マニュアル動画の
制作について詳しく

動画を教育に活かす方法

動画は研修や教育を手助けができます。動画なら必要情報を効率的に伝えられるからです。

機器の操作手順も動きと音声とテロップの説明で、見る側へ直感的に伝えられます。

動画なら、指導する人ごとに内容が変わらず、同一品質で安定した研修が可能です。プロ業者に依頼する方法もありますが、コストを抑えるなら社内制作がいいでしょう。

研修などの教育動画に
ついて詳しく

動画担当者を育てる!
法人向けスクール3選

動画編集スクールイメージ

動画を活用したマーケティングに力を入れたい企業におすすめ!学習範囲で選べる法人向け動画スクールをご紹介します。

学べる範囲で決める
法人向け動画編集スクール3選
編集・制作の基礎+
動画マーケティング
TU-MS
動画を活用して
マーケ、営業、採用など
ビジネスを成長させたい企業に
TU-MS公式HP
引用元:TU-MS公式HP(https://tu-ms.com/lp/)
授業スタイル オンライン授業
期間と価格 3ヶ月/33万円(税込)
習得アプリ After Effects
Premiere Pro
このスクールで学べる内容
動画撮影
実写編集
アニメーション
MA※
企画・
マーケティング
運用・分析
VSEO対策※
ポートフォリオ制作

TU-MSの特徴や無料相談について
もっと詳しく見る

編集・制作の基礎+
応用テクニック
デジタルハリウッド
モーショングラフィックや
アニメーションを用いてキャッチーなプロモーション動画を作りたい企業に
デジタルハリウッド公式HP
引用元:デジタルハリウッド公式HP(https://school.dhw.co.jp/course/netmovie/)
授業スタイル オンライン授業+通学
期間と価格 3ヶ月/33万円(税込)
習得アプリ After Effects
Premiere Pro
Illustrator
Photoshop
DaVinciResolve
RICHKA
このスクールで学べる内容
動画撮影
実写編集
アニメーション
デザイン基礎
企画・
マーケティング
VSEO対策※
ポートフォリオ制作

デジタルハリウッドの特徴や無料相談について
もっと詳しく見る

編集・制作の基礎
ヒューマンアカデミー
動画の基礎的技術を使い
堅実なWeb動画広告
出したい企業に
ヒューマンアカデミー公式HP
引用元:ヒューマンアカデミー公式HP(https://haa.athuman.com/academy/videoeditor/)
授業スタイル オンライン授業+通学
期間と価格 6ヶ月/32万640円(税込)
習得アプリ Premiere Pro
After Effects
Photoshop
Illustrator
このスクールで学べる内容
実写編集
アニメーション
デザイン基礎
企画・
マーケティング
運用・分析
ポートフォリオ制作

ヒューマンアカデミーの特徴や無料相談について
もっと詳しく見る

【選定条件】2022年1月時点で、「動画編集スクール」とGoogle検索して表示された社会人向けスクール20社の中から、動画制作ソフトの使い方だけではなく、企画・運用など広範な内容を3か月以上かけてじっくり学ばせるスクールをピックアップ。そのうち、授業スタイルと学べる内容で3社を厳選しました。 ①動画マーケティングを活用しより効果的な動画広告でPRしていきたい企業に…動画マーケティングや企画・運用・撮影など、動画編集にかかわるさまざまなスキルを学べると明記のあったオンラインライブスタイルのスクール
②モーショングラフィックやアニメーションを用いてキャッチーなプロモーション動画を作りたい企業に…アニメーションやCGなど、応用テクニックの学習を行っていると明記のあった通学スタイルのスクール
③動画の基礎的技術を使い堅実なWeb動画広告を出したい企業に…編集・制作の基礎の学習を重視し学習すると明記のあった動画学習スタイルのスクール

※MAとは音の調整・収録などを行い、動画を完成形にするプロセスのこと。VSEO対策とは動画向けのSEO対策のことを指します。