課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】
課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】 » 動画編集の基礎知識 » 動画編集で必要なPCスペック

動画編集で必要なPCスペック

動画編集はPCスペックが高くないと作業が困難です。最低限、CPUは時代が新しいCorei5のもの、メモリも16GBはあったほうがいいです。

HDDではなくSSDだと読み書きも速くなります。グレードが高ければその分、動画編集作業をスムーズにできるのです。

動画編集はPCスペックが
高いほうがいい理由がある

PCスペックが低いと、
重くて作業ができない

動画編集はPCスペックに比例し、作業の快適性が大きく変わります。

PCスペックが低いと出現するトラブルとして、フリーズが頻発したり、異常終了が起こったりして、作業が進まないどころかパソコンの寿命にも関わるのです。

特に意識したいのがCPUとメモリの性能で、低スペックだとまともに作業ができません。

企業で導入する場合、納期や動画担当者のストレスへの配慮も必要です。普段、仕事で使用しているパソコンのスペックや、製造年をチェックし、不足するなら動画編集用の機器の導入も検討が必要です。

動画編集作業に影響する
PCスペックのチェックポイント

CPUはパソコンの頭脳で
速度に関係する

動画編集作業をする上で、快適な環境を左右するのがCPUです。

パソコンの頭脳で、メモリやグラフィックボードが高価で高スペックでもCPUが古い、低スペックなら作業環境は悪化します。

具体的な影響として、動作が重くなりフリーズが増えるトラブルです。

編集作業に耐えられるのは、Corei5から。ただしCorei7でも、時代が古いと性能は落ちるため、最新のものを選んだほうが良いでしょう。

メモリも重要な役割を担う

メモリは容量にチェックしてください。メモリの役割はCPUの計算内容の連絡と一時的な保存です。

メモリの容量が少ないと、高性能CPUでも力を発揮できません。動画編集作業で安定を求めるなら、16GBを最低基準にしたほうがいいです。

HDDよりSDDのほうが快適

HDDよりSDDのほうがデータの読み書きが速いです。ただし、容量と価格のバランスで見ると、HDDが優れています。

動画編集用のSSDなら1TBは必要です。

グラフィックボードは
編集ソフトで検討

動画編集ソフトがグラフィックボード対応なら、映像処理やエンコードが効率的になります。

ただし、対応しているソフトはほとんど有料です。

スクールで必要とされている
PCスペック

CPUはCorei5からで
メモリは16GBが目安

時代が新しいという点は大前提で、CPUはintelの第10代以降のCorei5、メモリは16GBを快適な動画編集作業ができる最低基準です。

2022年現在、intelのCPUはCorei9まで登場しています。intel以外のCPUだと第3世代以降のAMD Ryzenも選択肢です。

ただし、AMD RyzenはGPU内臓ではなくグラフィックカードが必要。動画編集ソフトは内蔵GPUに依存するソフトがあるのを考えると、intelが無難でしょう。ただ、intelの第9世代以降の、Corei7の末尾にFがあるものは内蔵GPUがないため注意が必要です。

動画編集ソフトや
動作する環境が必要

動画編集ソフト選びはOSに注意

動画編集ソフトを選ぶ際には、OSの種類に注意が必要です。

たとえば、WindowsとMac各OS専用のものと両方に対応したものがあります。Windows用のものをMacでの利用はできず逆も同様です。

動作環境にも注意

動画編集ソフトの動作環境にも注意が必要です。動画編集作業は、日常業務ではなく特殊な作業のため、高スペックが求められます。

動画編集ソフトも動作環境次第では正常に動かない可能性があるのです。たとえば、AI編集や4K動画のような高度な編集は、パソコンの性能や環境に大きく影響します。

SSDの性能や容量も注意

SSDにも性能があり、一番高いのはM.2 SSD NVMe Gen4です。次がM.2 SSD NVMe、M.2 SSD(SATA)、SATA SSDで性能が低くなります。

M.2 SSD NVMeは、一番低いSATA SSDの2倍~4倍の読み書き速度になる製品もあります。

容量も一般的な250GBだけだと、動画編集ソフトや他のソフトを入れるとすぐに満杯になるため注意が必要です。1TBは見たほうがいいでしょう。

すでにあるPCや環境で難しい
なら新しく導入を検討

動画編集作業に対応できる
スペックや環境がないと難しい

動画編集作業を本格的にするなら、パソコンのスペックが高く対応できるPC環境も必要です。

ノートパソコンとデスクトップパソコンでも違いがあります。デスクトップパソコンのCPUのほうが、ノートパソコンより優れているからです。デスクトップへの変更も考えてみてください。

ただ、動画編集作業に対応できるPC環境とスペックでも、担当者のスキルや知識が不足するとクオリティの高い動画はできません。

動画編集スクールで基礎的な勉強をすれば、動画編集に対応できるPC環境も適切にそろえられます。

動画担当者を育てる!
法人向けスクール3選

動画編集スクールイメージ

動画を活用したマーケティングに力を入れたい企業におすすめ!学習範囲で選べる法人向け動画スクールをご紹介します。