課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】
課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】 » 動画編集スキルを活かしたSNS運用・広告宣伝方法 » 法人アカウントでYouTubeを運用する方法

法人アカウントでYouTubeを運用する方法

YouTubeの特徴と利用者

オンライン動画配信サービスの
代表格

YouTubeの歴史は2005年からスタートし、オンライン動画配信サービスの代表格です。一般人でも気軽に動画をアップロードでき、ユーザーと共有できます。2020年9月時点では、外出自粛の影響もあり、日本国内で6500万人が視聴したスパン知事というデータも。

10代~60代まで幅広い年齢層の人が
利用している

総務省発表の「令和2年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」では、動画共有、配信サービスの中でYouTubeの利用率は高く10代~40代が90%以上、50代~60代で50%以上を誇ります。そのため、ビジネスに利用する企業も増加の一途です。

YouTubeで法人アカウントを
作成する方法

YouTubeでの法人アカウントの作成は簡単です。

  1. アカウント作成とログイン
  2. チャンネル開設
  3. ブランドアカウント作成と詳細設定

グーグルアカウント作成とログイン

個人と同様に、法人もグーグルアカウントが必要です。既存のアカウントも利用できますし、新しく作成してもかまいません。作成後、アカウントを使ってログインしてください。YouTubeのページ右上に、ログインボタンがあります。

チャンネルを開設

管理画面に移ってください。上から、チャンネルや購入とメンバーシップ、YouTube Studioやデザインや言語などの項目や設定が現れます。チャンネル開設は、設定ボタンをクリックしてください。「新しいチャンネルを作成する」という項目を見つけてクリックしましょう。

ブランドアカウント作成と詳細設定

「新しいチャンネルを作成する」という項目をクリックすると、ブランドアカウント作成ページに移ります。ブランドアカウント名は企業や商品ブランド名をアカウント名に設定できる機能です。あとは詳細設定です。「チャンネルをカスタマイズ」というアイコンをクリックすると、アイコン、基本情報やバナー画像などを設定できます。

YouTubeで効果的に
法人アカウントを運用する
ためのポイント

チャンネルの目的や
コンセプト設定はしっかり行う

なにを、どんな目的でYouTubeに動画をアップしたいのか、目指すべきKPIやコンセプトを明確に設定します。目的やコンセプトが曖昧だと、ユーザーにも届きません。

再生回数やチャンネル登録者と分析

閲覧数の増加を求めるなら、チャンネル登録者と再生回数の数字と分析が大切です。再生回数は「動画の表示回数×クリック率」で、チャンネル登録者数は「動画の表示回数×クリック率×チャンネル登録率」で算出します。

他にも、制作したチャンネルや動画から自社サイトに流れて来たか、それとも別か、閲覧ユーザー数が製品やサービスの売り上げにつながっているかも分析しましょう。指標に達していないと判断できれば改めて動画内容や、掲載媒体の選定まで戦略の見直しが必要です。

YouTubeで法人アカウントを
運用する際の注意点

人件費や機材費も考えた予算設定

動画制作は人件費や機材費を検討した上での予算設定をしてください。追加費用も考えて予算設定することも大切です。専門業者に動画制作を委託するのも手段のひとつですが、想定以上の料金になるケースもあります。

自社スタッフで撮影すれば、コストは抑えられるかもしれませんが、質の点は考慮に入れたほうがいいでしょう。

動画制作はスケジュールを
設定して無理なく組む

動画制作は工数がかかるため、スケジュールを綿密に組むことは大切です。早くアップしても、中途半端な内容や質の低いものだと人は見てくれません。動画公開日を事前に設定し、逆算してどの程度の期間が必要か導き出して無理のないスケジュールを組みましょう。

YouTubeで法人アカウントを
上手に運用するための
コツとポイント

目的やコンセプトの一貫性と分析

法人アカウントでYouTubeを利用した動画マーケティングは、質が高く人気になれば話題にもなります。結果、知名度が一気にアップするかもしれません。そのためには、目的やコンセプトに一貫性を持たせ、日々閲覧数やコメントや、グッドやバッド数の分析が必要です。

コストを考えると自社スタッフを
養成するのも選択肢

法人アカウントでのYouTube動画は、興味を持ってもらわないと話になりません。動画の質は閲覧者の興味に多大な影響を与えます。ただ、専門業者に依頼すると予算オーバーになりがちです。動画編集スクールで自社スタッフに専門知識を勉強してもらえれば、質の高い動画を長期的にアップできますし、制作費の点でコスト削減も期待できます。

動画担当者を育てる!
法人向けスクール3選

動画編集スクールイメージ

動画を活用したマーケティングに力を入れたい企業におすすめ!学習範囲で選べる法人向け動画スクールをご紹介します。

学べる範囲で決める
法人向け動画編集スクール3選
編集・制作の基礎+
動画マーケティング
TU-MS
動画を活用して
マーケ、営業、採用など
ビジネスを成長させたい企業に
TU-MS公式HP
引用元:TU-MS公式HP(https://tu-ms.com/lp/)
授業スタイル オンライン授業
期間と価格 3ヶ月/33万円(税込)
習得アプリ After Effects
Premiere Pro
このスクールで学べる内容
動画撮影
実写編集
アニメーション
MA※
企画・
マーケティング
運用・分析
VSEO対策※
ポートフォリオ制作

TU-MSの特徴や無料相談について
もっと詳しく見る

編集・制作の基礎+
応用テクニック
デジタルハリウッド
モーショングラフィックや
アニメーションを用いてキャッチーなプロモーション動画を作りたい企業に
デジタルハリウッド公式HP
引用元:デジタルハリウッド公式HP(https://school.dhw.co.jp/course/netmovie/)
授業スタイル オンライン授業+通学
期間と価格 3ヶ月/33万円(税込)
習得アプリ After Effects
Premiere Pro
Illustrator
Photoshop
DaVinciResolve
RICHKA
このスクールで学べる内容
動画撮影
実写編集
アニメーション
デザイン基礎
企画・
マーケティング
VSEO対策※
ポートフォリオ制作

デジタルハリウッドの特徴や無料相談について
もっと詳しく見る

編集・制作の基礎
ヒューマンアカデミー
動画の基礎的技術を使い
堅実なWeb動画広告
出したい企業に
ヒューマンアカデミー公式HP
引用元:ヒューマンアカデミー公式HP(https://haa.athuman.com/academy/videoeditor/)
授業スタイル オンライン授業+通学
期間と価格 6ヶ月/32万640円(税込)
習得アプリ Premiere Pro
After Effects
Photoshop
Illustrator
このスクールで学べる内容
実写編集
アニメーション
デザイン基礎
企画・
マーケティング
運用・分析
ポートフォリオ制作

ヒューマンアカデミーの特徴や無料相談について
もっと詳しく見る

【選定条件】2022年1月時点で、「動画編集スクール」とGoogle検索して表示された社会人向けスクール20社の中から、動画制作ソフトの使い方だけではなく、企画・運用など広範な内容を3か月以上かけてじっくり学ばせるスクールをピックアップ。そのうち、授業スタイルと学べる内容で3社を厳選しました。 ①動画マーケティングを活用しより効果的な動画広告でPRしていきたい企業に…動画マーケティングや企画・運用・撮影など、動画編集にかかわるさまざまなスキルを学べると明記のあったオンラインライブスタイルのスクール
②モーショングラフィックやアニメーションを用いてキャッチーなプロモーション動画を作りたい企業に…アニメーションやCGなど、応用テクニックの学習を行っていると明記のあった通学スタイルのスクール
③動画の基礎的技術を使い堅実なWeb動画広告を出したい企業に…編集・制作の基礎の学習を重視し学習すると明記のあった動画学習スタイルのスクール

※MAとは音の調整・収録などを行い、動画を完成形にするプロセスのこと。VSEO対策とは動画向けのSEO対策のことを指します。