課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】
課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】 » 動画編集スキルを活かしたSNS運用・広告宣伝方法 » 動画広告を制作しフェイスブックで運用する方法

動画広告を制作しフェイスブックで運用する方法

フェイスブックの利用者と
広告の基本情報

フェイスブックはSNSの代表格のひとつで、全世界に利用者がいます。日本国内だと、総務省の令和2年度「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」で20代が33.8%、30代が48%、40代が39%という利用率だとわかりました。

10代は19.0%、50代が26.8%、60代が19.9%ですから、メインユーザーは30代~50代の中年層が当てはまります。フェイスブックはビジネス関連でのつながりが多く、企業関係の利用者が年齢層に影響しているのです。BtoBをビジネスモデルにしている企業と相性がいいとSNSといえます。

フェイスブックで広告を
掲載する方法

フェイスブックは4つの広告フォーマットを提供しています。

広告を配信するまでの流れも複雑ではありません。

  1. アカウントの準備
  2. 広告作成
  3. 支払い方法の設定
  4. フェイスブックの審査

最初はフェイスブックアカウントの準備です。フェイスブックの広告は、ページの開設が不可欠なため、アカウントを準備しなければなりません。ビジネスアカウントではビジネスマネージャーの開設が必要です。専用ページからログインして設定します。

ビジネス設定をクリックし、フェイスブックページの登録と、広告アカウントを作成。広告の作成では、広告の目的と広告配信の詳細設定を行います。

最後にビジネス設定の支払いで支払い方法を登録して完了です。

フェイスブックで広告を
活用する際の注意点

広告ポリシーの厳守

広告ポリシーの厳守は必須です。薬物や差別関連の内容は禁止されています。広告ポリシーを破ると。炎上やネガティブな印象が広がりかねません。違反すると内容次第で、広告停止や新しく広告を出そうとしても機能制限がかかり、関連フェイスブックページの停止などのペナルティがあります。

適切なターゲット設定

広告を配信するには、フェイスブックの審査をクリアしなければなりません。その際、適切なターゲット設定も審査対象です。ターゲットの性別や年齢なども慎重に検討しましょう。

フェイスブック広告で注目・
拡散してもらうためのコツ

フェイスブックの強みを
理解して分析を繰り返す

フェイスブック広告は、精度の高いターゲティングが強みです。コンバージョンの最適化もあり、初心者でもスタートしやすいのが利点。広告の成果をまとめたレポート機能で、分析と修正を繰り返すことで訴求力のある質の高い広告を配信できるようになります。

ただ、クリエイティブに魅力がないとユーザーの目には止まりません。ターゲットの適切な選定とともに、魅力のある動画広告が求められます。その際、自社に専門知識を持った動画編集担当者を育成しておけば、専門業者に依頼しなくて済み、コスト面でも効率的なマーケティングができるのです。

動画担当者を育てる!
法人向けスクール3選

動画編集スクールイメージ

動画を活用したマーケティングに力を入れたい企業におすすめ!学習範囲で選べる法人向け動画スクールをご紹介します。