課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】
課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】 » 動画編集スキルを活かしたSNS運用・広告宣伝方法 » 法人アカウントでTikTokを運用する方法

法人アカウントでTikTokを運用する方法

TikTokの特徴と利用者

動画メインのショート動画と視聴

TikTokは中国から世界中に知れ渡った、ショート動画の視聴や投稿ができるSNSです。メインユーザーは10代から20代の若者層で音楽やダンスや日常生活の瞬間が数多く投稿されています。

2016年に本格スタートし、2018年に流行語大賞にもノミネートされ、今までTikTokを知らなかった層にも、その名が知られるように。結果、30代以上の利用者も増えており、ユーザーの幅が広がっています。

マーケティングで
利用する企業の増加

世界規模で見ると、6億人以上の利用者がいるといわれています。背景にあるのは多種多様なPR動画や商品とサービスのクリエイティブが投稿できる点で、マーケティング目的で運用をはじめている企業が増加中です。

TikTokで法人アカウントを
作成する方法

広告アカウントの開設は簡単。最短3日で広告配信ができます。

  1. TikTokアプリのダウンロードと登録
  2. ビジネスアカウント設定
  3. コンテンツ作成と情報発信

 TikTokアプリの
ダウンロードと登録

最初はTikTokのダウンロードです。App StoreかGoogle Playストアで、ダウンロードできます。ダウンロード後、アプリを開いてメニューページのマイページへ行き、登録ボタンをタップします。電話番号とメールアドレスや登録済みのSNSアカウントを入力すれば登録完了です。

ビジネスアカウント設定

ビジネスアカウントの設定をします。TikTok内のマイページに行き、右上の…をタップ。次にアカウント管理をタップすると、プロアカウントに切り替えるオプションがあるためビジネスを選択してください。

コンテンツ作成と情報発信

クリエイティブツールでコンテンツの作成や投稿、製品やサービスで情報発信ができるようになります。TikTokでも、お役立ちコンテンツ内で広告の設定方法が動画や記事で紹介されているため活用しましょう。

TikTokで法人アカウントを
運用する方法

投稿動画の分析やインサイト分析
の活用がポイント

ビジネスアカウントでは、投稿動画の分析やインサイト分析ができるため、積極的な活用が成功の鍵です。投稿動画の分析では、リアルタイムでのパフォーマンスが表示されます。

合計再生時間や合計視聴回数、平均視聴時間や視聴者の所在地やトラフィックソースの種類がわかるため、よりよい制作の材料になるのです。

インサイト分析では、動画の視聴数やフォロワー数の増減やプロフィール表示回数がわかります。投稿した内容で、ユーザーがなにを感じたか、嗜好や考えや感情を紐解く助けになるのです。

プロフィール情報や商用楽曲
ライブラリーを活用

プロフィール情報も、ユーザーへの情報発信では重要です。公式サイトや連絡先やビジネス情報を、プロフィール情報として発信できるようになります。

商用楽曲は適切なライセンスを取得した楽曲のライブラリーです。TikTok最大の特徴は音楽とのコラボ動画。著作権侵害の不安なく商用利用ができるため、商品やサービスや、自社のアピールにぴったりな曲を選ぶのも注目度に影響します。

用意されたツールは
便利だが頼りすぎない

TikTokはマーケティングで役立つ機能が豊富に用意されています。広告効果を測定し、TikTokでの適化するためのソリューションがあるので、画像とテキストだけでも動画広告制作ができます。無料クリエイティブ制作ツールもあるため、自社内でやる分には、コストもあまりかかりません。

しかしTikTokにクリエイティブを投稿すれば、それだけで成功が約束されるわけではありません。TikTokのユーザー層を把握した上で、ターゲットをしぼりこむ分析力が必要です。ツールを活かしつつ努力と工夫と根気が求められます。

プライバシーへの配慮は重要

動画制作は屋外でもできますが、プライバシーへの配慮は十分に。たまたま知らない人が動画に映り込んだだけでも、クレームを受ける場合もあります。

目立てばいいと考えて、法的に問題があることや迷惑と思われるような動画をアップすると、炎上のリスクがあります。

悪目立ちで閲覧者が増えるのは「炎上マーケティング」という言葉もありますが、これは諸刃の剣です。企業の社会的な信用は地に落ちますし、マーケティングどころではなくなるため注意が必要です。

TikTokで法人アカウントを
運用するコツ

TikTokは動画スキルが
低くてもできる

音楽や音声、エフェクトや字幕などの便利な機能も豊富で、簡単に質の高い動画もできるTikTokは、企画力を駆使していくことでバズれる可能性は大。

ただ、動画編集技術が高ければ、TikTokを運用する競合に、さらに差をつけられます。ターゲットの選定、分析、機能を活用し、動画技術も高ければTikTokでのマーケティングは成功に近づくのです。

動画担当者を育てる!
法人向けスクール3選

動画編集スクールイメージ

動画を活用したマーケティングに力を入れたい企業におすすめ!学習範囲で選べる法人向け動画スクールをご紹介します。