課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】
課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】 » 動画編集スキルを活かしたSNS運用・広告宣伝方法 » 法人アカウントを活用したフェイスブック運用方法

法人アカウントを活用したフェイスブック運用方法

Facebook(フェイスブック)
の特徴と利用者

世界中に利用者がいるSNSの代表格

フェイスブックは世界中で利用されているSNSで、日本国内のユーザーは約2,600万人ともいわれており、年齢層は30代以上が中心です。もともとは学生同士の新しいつながりやコミュニティの構築が目的でした。徐々にビジネス上のつながりも多くなり、企業もマーケティングに利用しています。

企業向けのフェイスブックベージというビジネスアカウントが用意されており、個人用アカウントとは異なり商用利用が可能です。広告配信もできますし、予約投稿やインサイトの確認など個人用アカウントでは制限されている機能もできるようになります。

フェイスブックで
法人アカウントを作成する方法

フェイスブックでビジネス法人アカウントを作成する流れは以下の通りです。

  1. 個人アカウントにログイン
  2. 右上のメニュー欄の中からページという項目をクリック
  3. 「ビジネスまたはブランド」という項目を選択してページ名とカテゴリを記入
  4. カバーやプロフィール写真や情報の入力

個人アカウントにログイン

個人アカウントにまずはログインします。右上にメニュー欄のマークがあるのでクリックすると右に作成のカテゴリがあり、中頃にページという項目があるためクリックしてください。

「ビジネスまたはブランド」という項目を選択してページ名とカテゴリを記入

ビジネスまたはブランド、コミュニティ、または公人・著名人という2つの項目が出てきます。ビジネスアカウントなら、ビジネスまたはブランドの項目を選択してください。次に、ページ名やカテゴリの記入を行います。

カバーやプロフィール写真や
情報の入力

カバーやプロフール写真やその他の情報を入力する項目です。基本的に個人アカウントの作成と似た手順で作成できます。

フェイスブックで
法人アカウントを運用する方法

フォロワーを増やすにはターゲットを明確にするのがポイント

ビジネスアカウントを作成したら、フォロー数を増やすのが最初の目標です。知り合いや友人や顧客にフォローしてもらいます。すでに自社運営の公式サイトがある、メルマガや店舗があるなら告知するのも有効です。

事前に知らないユーザーの確保に対しては、ターゲットをまずは明確にして運用メンバー同士で共有しましょう。

投稿やコミュニケーションの
結果の明確化

ビジネスアカウントに投稿する、ユーザーとコミュニケーションをするのはなんのためか、具体的に決定しておくことも大切です。明確化していないと無駄な投稿が増えますし、成果の分析がしやすくなります。

トップ固定やハイライト表示を
活用してアピール

注目してほしい商品やサービスを確実にユーザーへ伝えるために、内容のトップ固定や目を引くハイライト表示が有効です。トップに固定すると、7日間ピンマークが付き、タイムラインの下へ流れていきません。

フェイスブックで法人アカウント運用するときの注意点

継続前提の努力と工夫が必要

なにもしなくても勝手にユーザーの心に刺さるような投稿はできません。運用者には、結果が出るまで投稿と分析を続けるための努力と工夫が求められます。運用を続けるには、予算や人や情報や時間などのリソース全般が必要です。

フェイスブックに限らず、開設して、「運用するだけでも結果が出る」ということはSNSだとありません。注目されてファンを獲得できる投稿内容や、告知、キャンペーンやコミュニケーションが必要です。結果が出るまで一喜一憂せず、コツコツと運営することが重要です。

フェイスブックで法人アカウント運用するときのコツ

フェイスブックはつながりができ
情報拡散力にすぐれている

フェイスブックを活用したビジネスマーケティングは、情報拡散力にすぐれています。いいねという機能を意識した運用が有効です。いいねをしたユーザーがつながっている友達のタイムラインに投稿が表示されます。多くの方がいいねをクリックすれば、その分、伝えたい情報は不特定多数の人々の元に届くのです。

そのためには魅力ある投稿への意識が求められます。キャンペーンやコミュニケーション、質の高い動画でアピールする方法もあるのです。多くの広告機能もあるため把握し、活用することで企業やブランドの認知向上から利益につながります。

動画担当者を育てる!
法人向けスクール3選

動画編集スクールイメージ

動画を活用したマーケティングに力を入れたい企業におすすめ!学習範囲で選べる法人向け動画スクールをご紹介します。

学べる範囲で決める
法人向け動画編集スクール3選
編集・制作の基礎+
動画マーケティング
TU-MS
動画を活用して
マーケ、営業、採用など
ビジネスを成長させたい企業に
TU-MS公式HP
引用元:TU-MS公式HP(https://tu-ms.com/lp/)
授業スタイル オンライン授業
期間と価格 3ヶ月/33万円(税込)
習得アプリ After Effects
Premiere Pro
このスクールで学べる内容
動画撮影
実写編集
アニメーション
MA※
企画・
マーケティング
運用・分析
VSEO対策※
ポートフォリオ制作

TU-MSの特徴や無料相談について
もっと詳しく見る

編集・制作の基礎+
応用テクニック
デジタルハリウッド
モーショングラフィックや
アニメーションを用いてキャッチーなプロモーション動画を作りたい企業に
デジタルハリウッド公式HP
引用元:デジタルハリウッド公式HP(https://school.dhw.co.jp/course/netmovie/)
授業スタイル オンライン授業+通学
期間と価格 3ヶ月/33万円(税込)
習得アプリ After Effects
Premiere Pro
Illustrator
Photoshop
DaVinciResolve
RICHKA
このスクールで学べる内容
動画撮影
実写編集
アニメーション
デザイン基礎
企画・
マーケティング
VSEO対策※
ポートフォリオ制作

デジタルハリウッドの特徴や無料相談について
もっと詳しく見る

編集・制作の基礎
ヒューマンアカデミー
動画の基礎的技術を使い
堅実なWeb動画広告
出したい企業に
ヒューマンアカデミー公式HP
引用元:ヒューマンアカデミー公式HP(https://haa.athuman.com/academy/videoeditor/)
授業スタイル オンライン授業+通学
期間と価格 6ヶ月/32万640円(税込)
習得アプリ Premiere Pro
After Effects
Photoshop
Illustrator
このスクールで学べる内容
実写編集
アニメーション
デザイン基礎
企画・
マーケティング
運用・分析
ポートフォリオ制作

ヒューマンアカデミーの特徴や無料相談について
もっと詳しく見る

【選定条件】2022年1月時点で、「動画編集スクール」とGoogle検索して表示された社会人向けスクール20社の中から、動画制作ソフトの使い方だけではなく、企画・運用など広範な内容を3か月以上かけてじっくり学ばせるスクールをピックアップ。そのうち、授業スタイルと学べる内容で3社を厳選しました。 ①動画マーケティングを活用しより効果的な動画広告でPRしていきたい企業に…動画マーケティングや企画・運用・撮影など、動画編集にかかわるさまざまなスキルを学べると明記のあったオンラインライブスタイルのスクール
②モーショングラフィックやアニメーションを用いてキャッチーなプロモーション動画を作りたい企業に…アニメーションやCGなど、応用テクニックの学習を行っていると明記のあった通学スタイルのスクール
③動画の基礎的技術を使い堅実なWeb動画広告を出したい企業に…編集・制作の基礎の学習を重視し学習すると明記のあった動画学習スタイルのスクール

※MAとは音の調整・収録などを行い、動画を完成形にするプロセスのこと。VSEO対策とは動画向けのSEO対策のことを指します。