課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】
課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】 » 動画編集をインハウスで行うためのQ&A » 動画編集スクールの種類は?

動画編集スクールの種類は?

動画編集スクールはオフラインのもの、オンラインのもの、動画だけのもの、マンツーマンのものと様々です。

モチベーションを保って自分で問題を解決することができるのであれば、独学でも良いかもしれませんが、ある程度コースに沿って効率よく動画編集スキルを身に着けるにはスクールに通うのが良いでしょう。

動画編集スクールに通う
メリット

動画編集の技術を身に着けるには、スクールに通うか、独学で学ぶかの2通りになります。

独学でもスキルとしては習得可能ではありますが、動画編集スクールに通うことによるメリットが大きいので、ここで確認したいと思います。

メリット1:効率的に学ぶことが
できる

まずは効率性です。スクールであればいつでも質問ができ、わからないポイントは誰かに確認しながら学ぶことができるのが大きなメリットです。

独学ではなかなか理解が深まらないポイントもスクールであれば、問題ありません。

メリット2:動画編集に関する
コネクションができる

スクールが終わった後でも動画編集に関するコミュニティーに所属し、知り合いができるのは大きなメリットです。

というのも、動画編集の仕事は常に新しいトレンドが生まれるものなので、友人を通じて新しい情報や編集スキルについて勉強しておくことが重要だからです。

動画編集スクールで学べること

では具体的にどういったことが動画編集スクールで学べるのでしょうか。

基本的な動画編集スキル全般

当然、動画編集に関するスキル全般は学ぶことができます。

多くのスクールがありますが、動画編集スキルとして学ぶことができるものには大きな差異はありません。

使うソフトや映像の取り方にはそれぞれ違いはあるものの、出来上がる動画のクオリティは一様に高いものになります。

映像制作の進め方

スクールで学ぶことができることの1つに、映像制作の進め方があります。

動画編集だけであれば、用意された動画クリップを目的に沿って繋ぎ合わせるという作業になりますが、社内で求められるのは、企画や構成、目的の整理、絵コンテの作成、動画クリップの撮影、編集、確認、修正といった一連の作業です。

一人で勉強していては、こういった進め方まで意識して学ぶのは難しいでしょう。

動画編集スクールの相場概要

動画編集スクールは一体どの程度のお金がかかるのかを解説します。結論から言うと、学ぶ内容と将来的に社内でどういった映像を制作し、スキルをどう役立てたいかによって大きく値段が変わるのが現状です。

次で説明しますが、スクールの形態によっても大きく変わります。ここでは、フルセットのスクールとオンラインなどの簡易的なスクールを紹介し、金額幅を確認します。

本格的なフルセットの
動画編集スクール

実際に教室に通い、講師と顔を合わせながら動画編集のスクールに通うパターンです。

教室の場所代だけでなく、講師への質問が可能となる点を鑑みると、通常の専門学校と変わりません。相場は1講座あたりで60万円~100万円かかります。

これに加え、移動費や場合によっては家賃もかかることがあります。

※2022年2月15日時点で当サイト編集チームが独自調査した内容です。

完全オンラインスクール

顔を合わせることなく、完全にオンラインで講座を受ける場合です。多くの生徒を獲得している分、1講座の価格は安くて数万円からのものもあります。

講座によっては講師に質問ができないなど、独学に近いところがあるので事前に確認が必要です。

動画編集スクールの種類

動画編集スクールにはいくつか種類があります。目的に応じてどういう種類のものを選ぶべきかが変わります。上述したように、オフライン/オンライン、講師への質問ができるか/動画のみか、さらにマンツーマンか/多数のクラスかという選択肢があります。

当然、オフラインで講師とマンツーマンの授業を受けるタイプのスクールはそれなりの値段がします。

しかし、しっかりと疑問点を解消できるため、効率は良いと言えるでしょう。逆に、講師が1人1人の生徒を見ていないオンラインの動画のみのコースは、値段は安いですが、ある程度理解度が高くないと、結局自分で解決できないところが出てくることもあるので注意が必要です。

また、美術系の大学でも映像制作を学べる学科があるので、そこで専門的な知識・技術を習得するという選択肢もあります。下記のサイトで詳しく紹介されているので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

【2023年版】美大まるわかりメディア「美大全] (外部サイト)

動画編集スクールに
向いているケースまとめ

ここまで聞いて、自分が動画編集スクールに向いているのか、それとも独学でいくべきか判断できないという人もいるでしょう。動画編集スクールに向いている人の特徴をまとめます。

モチベーションが保てない

スクールはある程度ノルマや強制力があるため、モチベーションを保つことが可能です。オフラインのスクールであれば、一緒に学ぶ仲間ができるのも大きなメリットです。

映像制作を一人で
完遂できそうにない

動画編集スキルは映像制作のスキルの一部と言えるでしょう。実践的な映像制を学ぶスクールであれば、どういった手順で映像制作をスタートし、学んだ動画編集スキルを活かして最終的な動画完成まで持っていくのを総合して学ぶことができます。全体感や実戦経験を身に着けたい人はスクールに通うのが良いでしょう。

自分で問題を解決できない

独学の場合は質問をする相手がいません。

自分で問題を解決するのが苦手という人はスクールに通うのが向いているでしょう。

動画担当者を育てる!
法人向けスクール3選

動画編集スクールイメージ

動画を活用したマーケティングに力を入れたい企業におすすめ!学習範囲で選べる法人向け動画スクールをご紹介します。