課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】
課題解決のためのおすすめ動画編集スクール30選【Vカレ】 » 動画編集をインハウスで行うためのQ&A » 動画編集 外注の方法とメリットは?

動画編集 外注の方法とメリットは?

動画編集を外注するメリットは、動画のクオリティの高さと費用の削減です。コンセプトを決め、目的をしっかりと定めて制作するプロの動画は素人が作るものとは一味も二味も違います。

内製化した方が良い場合もあるため、動画に求めるものや条件を明確にした上で外注すべきかどうかを判断しましょう。

動画編集を外注するメリット

動画編集を外注するメリットはどこにあるのでしょうか?まず挙げられるのは、動画のクオリティの高さです。社内に専門の人材がいる場合でも、日々顧客の動画を制作しているプロの動画とは質が違うケースも多いです。

また、社内人材を使う場合であっても、動画の撮影から編集までの時間はずっと人件費は発生しているため、トータルで見たときに大きなコスト削減が期待できる点も挙げられます。プロ用の動画編集ソフトも購入の必要がありません。

動画編集を外注する方法

では動画編集を外注する場合は具体的にどのような手順ですればよいのでしょうか。

まずは作成する動画のコンセプトを決め、どのような目的で動画をつくるのかを明確にします。

それを動画制作の外注先からのヒアリング時に伝え、具体的な企画・構成に移ります。次に簡単な絵コンテでストーリーボードを埋め、合意されれば、撮影に入ります。最後に編集を加え、確認をしながら修正していき、納得がいくものができた時点で納品という流れです。

動画編集の外注で
気を付けるべきこと

動画編集を外注する場合、いくつか気を付けることがあります。

まずは、かかる費用についてです。社内で制作するよりもアウトソーシングした方が、クオリティが高く、総合した場合のコストの削減になる可能性があることを上述した通りですが、相場よりも高い金額を提示してくる会社もあるので注意が必要です。

また、納期を守ってくれないというケースも多いのが実態です。最終的には作品の質について発注元がOKを出したところで終わりではあるものの、初版の納品があまりにも遅い場合もあります。

融通が利かず、動画の修正依頼を出しても対応してくれない、あるいは追加料金を取られるといったケースもあり、注意が必要です。契約前にどのようなクオリティの動画が完成するのか、これまでの実績を見せてもらうなどの対策が可能です。

外注とインハウスの違い

インハウスという言葉を聞いたことがあるでしょうか?インハウスとは、内製化を指します。字のごとく、「家(自社)の中で」業務を行うことを意味します。大きい会社であれば、デザイン部のような専用の部署を抱えているケースが多いです。

動画編集を行う部署はクリエイティブデザインを扱う部署になるでしょう。大学や専門学校などで学んでから入社する場合と、会社に入ってから講座を受けて勉強する場合と様々なルートがあります。

外注ではなく内製化に
向いている会社

ここまで動画編集の外注について触れてきましたが、内製化をしてしまった方が得という場合もあります。

動画をとにかく多く制作する

まずは動画をとにかく多く作る会社は多少時間がかかっても内製化をして自社で動画を作ることができるようにするのが良いでしょう。

アウトソーシング先に関わらず、多少の費用がかかるため、毎回外注してしまうとそれだけで莫大な資金が必要となります。

動画の質にはこだわらない

動画は作る必要があるものの、基本的に社内向けであり、動画の構成の良さや質にこだわりがない会社は内製化をしてしまうのが良いでしょう。

プロの機材やソフトがなくともパソコン1つで動画は作成が可能です。

クイックに動画を制作する
必要がある

外注するということは契約をし、ある程度の時間をかけて質の高い動画を作成するということです。

とにかくクイックに動画を残したい、あるいは社外秘を含む特殊な条件で撮影が必要という会社は内製化するのが良いでしょう。

動画担当者を育てる!
法人向けスクール3選

動画編集スクールイメージ

動画を活用したマーケティングに力を入れたい企業におすすめ!学習範囲で選べる法人向け動画スクールをご紹介します。